【ドイツ】ミュンヘンからベルリン 深夜電車での移動方法 

旅行

まえおき

ミュンヘンからベルリンの移動の際に深夜列車を使用しました。

深夜列車を利用した理由としては、旅行日程が少なく移動に丸一日を使いたくなかったというのが大きな理由です。今回は実際に行き方と使用した感想をまとめようと思います。

ミュンヘンとベルリンの位置関係

ミュンヘンとベルリン間は約500kmあり、電車で行くと約4時間~5時間かかります。ですので旅行の日程を組む際に昼に移動しようとすると丸一日つぶれる覚悟を持たないといけません。

ミュンヘンとベルリンの電車

ミュンヘンとベルリンを電車で移動する際には、ミュンヘン中央駅(Munchen Hbf)ベルリン中央駅 (Berlin Hbf)の経路で行くのが一般的です。

・発車駅:ミュンヘン中央駅(Munich Hbf(Munich Hauptbahnhof))
・到着駅:ベルリン中央駅(Berlin Hbf(Berlin Hauptbahnhof))
・所要時間:3時間54分~5時間16分
・運行間隔:1時間に1~2本(早朝から夜遅くまで)
・ほとんどが直行便。電車によっては乗り換えが必要な場合がある

ミュンヘンとベルリンのチケットの買い方

オンラインでの購入方法

オンラインでミュンヘンとベルリンの電車のチケットを買うには、ドイツ鉄道(DB) のHPから購入することができます。

下記の画像はミュンヘンからベルリンの電車を検索する際の入力例になります。

下記はミュンヘンからベルリンの電車を検索した結果の画面になります
Chgが乗り換え回数を表してます。またチケットの最低料金から最高料金も載っています。

出典 https://www.bahn.com/

チケットの種類は以下になります。一番安く済む方法はSuper Sparpreis です

名前説明
Super Sparpreis・スーパー割引チケット。最安。
・キャンセル不可
Sparpreis・割引チケット。
・ドイツのシティチケットを含んでいるので、ミュンヘン~ベルリン間だけでなく、ミュンヘン市内の公共交通機関(Uバーン、Sバーン、バス、トラム)もこのチケット一枚で乗れる。
例:「ミュンヘンのホテルの最寄駅→ミュンヘン中央駅→ベルリン中央駅→ベルリンのホテル最寄駅」の移動がこのチケット一枚で可能。
・キャンセル料を払ってキャンセル可能。返金はDBの金券となる。
Flexpreis・フレックスチケット。
・予約日のどの電車でも乗ることができるので、乗り遅れても次の電車に乗れる。
・シティチケット付き
・1日前まで無料でキャンセル可能
Super Sparpreis  1st classスーパー割引ファーストクラス。
・席の予約ができる
・足元のスペースが広い
・キャンセル不可

現地での購入方法

現地で購入する場合は以下のような券売機が駅の至る所にあるのでそちらで購入します。

私は現地でチケットを買ったのですが、一番安いチケットなどは売り切れで高いチケットを泣く泣く買わざるを得なかったのでやはり事前にオンラインで買うことをお勧めします。

ドイツ鉄道 券売機
チケットと旅程表

電車内の状況

写真を撮り忘れてしまったので文章で説明するしかないのですが、結論やはり居心地がいいものではありませんでした。。。

私が乗った席は4席のボックスシートの通路側で前にテーブルがあって見知らぬ人と正面を向かって座る感じになりました。ボックスシートは満席で他の方たちも荷物を大量に持ってきているのでだいぶせまく、足を延ばすスペースなどもあまりなかったです。電車の中は小さいミニバーのようなものもあり飲み物・軽食も買えるのですがどこも満席で移動するのもトイレに行くのも一苦労でした。

寝ようとしても車内も明るいため中々寝付けず、なかなかハードな旅となりました。。。
時間に余裕があるのであればやはり体力がある昼間に移動することをお勧めします。

ハードな旅程の先のベルリンの朝は気持ちよかったです。

ベルリン駅前の朝日
ベルリン駅前

コメント

タイトルとURLをコピーしました