【ドイツ】ミュンヘン観光 観光名所とレストラン 

旅行

ミュンヘンとは

ミュンヘンはドイツ南部に位置する大都市でオクトバーフェストが開催される都市としても有名です。

ビールやソーセージといったドイツ名物のほかにも、昔ながらの建物や宮殿も街中の至るところにあり、歴史も感じることができる都市となっております。

観光自体は徒歩で十分にまわることができ、また市内の電車も発達しているため観光という観点では問題なく1-2日で楽しむことができます。

筆者はミュンヘンにお昼過ぎに着いて、夜のフュッセン行きの列車まで時間が余ったので少しだけ観光をしてきましたので、観光したところをまとめておきます。

以下の観光名所・レストランは徒歩10-15分圏内にあるのでささっと回れてしまいます。

ミュンヘン市内の観光名所

  • マリエン広場

ミュンヘンの中心部である「マリエン広場」はミュンヘンの観光の中心部です。新旧市庁舎が周りに建っており、クリスマスマーケットなど、様々なイベントが開催されています。

マリエン広場から伸びる道にはお洒落なレストラン、カフェが並ぶのでゆっくり散策するのもありかと思います。

マリエン広場付近の街並み

<基本情報>
住所:Marienplatz, 80331 Munchen
アクセス:地下鉄「Marienplatz」駅すぐ

  • 新市庁舎

マリエン広場に面して建つのが「ミュンヘン新市庁舎」です。市庁舎の鐘楼の中には仕掛け時計が造られており、毎日11時・12時からの10分間に32体の人形による歴史劇を見ることができます。筆者は残念ながら時間が合わずみれませんでした。

また、塔にも入場可能で、一番上は展望台となっているようですが2021年10月時点ではコロナのせいで入場制限がかけれておりました。

中庭には入ることができ、壮大な建築を見ることができます。

              新庁舎
          新庁舎の人形

<基本情報>
住所:Marienplatz 8, 80331 Muenchen
電話番号:+49-89-23300
アクセス:地下鉄「Marienplatz」駅すぐ

ミュンヘン市内でのレストラン

  • ホーフブロイハウス

ミュンヘンを訪れるなら一度は行っておきたい場所がドイツで最も有名なビアホール、「ホーフブロイハウス」です。

「ホーフブロイ」とは「宮廷ビール醸造所」という意味で、1589年にヴィッテルスバッハ家の醸造所として王宮の敷地内に設けられた由緒あるビアホールです。

直接行った時はコロナ禍ということもあり、入場するためにワクチン証明書の提示が必須でした。筆者はソーセージとホーフブロイオリジナルビールを注文し、おいしく頂きました。

ホーフブロイの内装
演奏を聴きながら食事を堪能
ホーフブロイメニュー表
ソーセージとビールを注文

<基本情報>
住所:Platzl 9, 80331 München
電話番号:+49 (0) 89 / 29 01 36-1 00
営業時間:9:00 – 23:30
公式ホームページ:http://www.hofbraeuhaus.de/en/index_en.html
アクセス:地下鉄「Marienplatz」駅より徒歩約5分

コメント

タイトルとURLをコピーしました